Android-iOS

ナルブレ 【修羅の真実】うちはイタチ攻略!参考にどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ナルト疾風伝 ナルティメットブレイジング で、1周年記念「超復刻祭」第3弾に、【うちはイタチ】が入手可能な緊急任務が開催されています。

復刻祭ということで、今までにも開催されたことがある緊急任務なのですが、当時の私はログイン勢だったので、今回初挑戦になりました。

私が攻略した編成を紹介します。

決戦任務 「決戦!顕現した荒神」

【修羅の真実】うちはイタチが入手可能な緊急任務だ。BOSSとして登場する”うちはイタチ”の属性は技属性。道中で登場するキャラは、すべて技属性”うちはイタチ”なので、心属性のキャラで固めたほうが良い。

ボスは、攻撃範囲が広くバリアを貼ってくるため、確実に補助を倒しておくことをお勧めする。

攻略編成

前衛

最凶の名を持つ者”うちはマダラ”

伝説の三人”蛞蝓”綱手

最凶の名を持つ者”うちはマダラ”

後衛

☆6 桃地再不斬:運99(侵入時は前衛だが、攻略では後衛とする)

☆4 うちはイタチ

コストが足りなかったため、☆4を入れています。

立ち回り

ステージは全3ステージ。

ステージ1~2

基本的に敵の動きは同じ。基本攻撃の後に必殺を使用してくる。

奥義の「月読」は、範囲が中~大ぐらいの印象です。使用後、絶対回避が付与されるため、攻撃が入りません。

体力も大きいため長期戦になります。

後衛のサブキャラの忍術を使用して速めに立ち回りつつ、綱手の回復で体力を維持することが重要です。

ステージ3 ボス

須佐能乎の完全体が登場。メインと補助の二つの体力メーターが存在するが、メインを0にすればよい。

難易度B~Aは、火力重視にメインを攻撃すれば問題なく倒すことができるが、難易度Sは、最初に補助を倒す。

綱手などの回復要員を編成に入れることをお勧めします。

“須佐能乎”行動パターン
十拳剣:メイン

基本攻撃:前方円形に攻撃、死角はフィールド左下の隅のみ。

危険:前方のほぼ前面への攻撃。近くの敵一体へ攻撃する。1ターン行動不能、交代不能、忍術不能の3つが付与される厄介な攻撃。

八咫鏡:サブ

メインと補助にバリアを付与する。おそらく数万の攻撃になえられるのでは?これが発動すると、終わりなくバリアを貼られてしまうので、使われる前に倒しておく。倒せなかった場合は、うちはマダラ等の強力な忍術で倒すしかない。

まとめ

詳しい行動パターンなどが理解できていないため、完全攻略とまではいかない。ただ、基本的な攻略にはなるはずだ。

1発の攻撃は、あまり大きくないため、立ち回りを間違えずに行動パターンをみながら攻略していけば倒せるはずだ。

※イタチの須佐能乎には八坂ノ勾玉もありますが、確か第2形態?ぐらいで使用していたように感じますので、十拳剣だと判断しました。

※マダラ等の高火力が出せるキャラを3体編成することで、ボス戦で忍術2を使用してメイン体力を削ることができるみたいです。

ナルブレ 記事一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スマゲー日記 Youtubeチャンネル

スマートフォンゲームからPS4まで、様々なゲームの紹介・実況動画をYoutubeで配信中。

Youtubeチャンネルを登録して、更新情報をいち早くゲットしよう。


Youtubeチャンネル登録


コメントを残す